業務内容

不動産売買・仲介

不動産の売買において重要なこととは?

不動産の購入・売却に際しては、まず適正な価格を把握することが重要です。

適正な価格を把握することで、相手方から提示される金額や条件の妥当性を判断できると同時に、十分に納得したうえで購入や売却の意思決定をすることが可能となります。

しかしながら、一般の人々にとって不動産の売買等を経験する機会はそれほど多くはないのが実情です。

不動産売買・仲介

しかも、不動産は個別性が強くどれ1つとってみても同じものはないため、その価格が適正な価格であるかどうかはなかなか判断しづらいという側面があります。

このように不動産は多様で複雑な面を持ち、不動産についての正しい知識や情報等が欠如したまま売買や交換等の対象となったりすると、その絶対額が大きいが故に多額の損失をこうむる可能性があります。

契約が完了し、引渡しが済んだ後で、取引した価格が妥当な価格ではなかったということに気づいても遅いのです。

やはり、契約前の段階から不動産本来の価値をしっかりと見極めた上で、取引すべきかどうかを慎重に判断する必要があります。

売買・仲介も不動産のエキスパートである当社にご相談ください

これからは、不動産の売買に関しても、セカンドオピニオン(第三者意見)を求めることが一般的な時代になっていくことが予想されます。

もし、あなたが不動産に精通していないならば、専門家の協力を得て万全の対策を立てることが、安全に取引するための必須の条件となるでしょう。

当社では、不動産鑑定評価及びコンサルティング業務の一環として、これらに関連した売買・仲介業務も行っております。

物件の詳細調査から、適正価格の判定、売買契約に至るまで、不動産のエキスパートである当社が全面的にバックアップしますので、安心してお取引いただけます。

後々に後悔しないためにも、売買する前に、まずは当社にご相談下さい。